店の花と、花灯路!

こちらも、今年植えてみた、「薄紫色のクロッカス」です。
昨日開花してたみたいです、留守中でしたけど…   (>_<)
b0160331_1712943.jpg

7D +
EF 100mm f 2.8 L Macro IS USM Av 優先 4.5 1/800 ± 0 100 DPP 現像
現像時、-0.17補正。

こちらは、鉢植えの、「ミニバラ」です。
b0160331_1704162.jpg

7D +
EF 100mm f 2.8 L Macro IS USM Av 優先 4.5 1/400 ± 0 100 DPP 現像
現像時、-1.0補正。

昨日は、思い立って「東山花灯路」に行ってきました。
今年の流れからいえば、きっと「ROM師匠」が行かれると確信してたので、私はその写真を観るだけと思ってたんですけどね…w。
何故なら、あれだけの高感度のアドバンテージを持った、XPro1を持たれた以上、師匠の感性からして、京都に行かざるを得ないと確信してたからです。
LEDの白い世界が大嫌いで、温かい光を常に求められてる彼ですから、花灯路は、格好の被写体だと思ってました。

5DⅡを否定する訳でもなんでもありませんし、それは技を駆使すれば、いい世界が切り取れるというのは解っていますし、世間に、これ以上の機械が存在しなければ、何の不満とかもないのです    (>_<)

ですが、より高感度の絵を表現してくれる道具が、現に存在したり、また、今にも発売されようとしている今日に及んでは、ついつい物足りなくなってしまうのは、私だけではないはず…w。

レンズのアドバンテージは申し分ございません、何せ、50の1.2と、24の1.4を持っているのですからね。
fisheyeも持って行きましたが、流石にF4.0は、キツイものがありました。
iso 12,800 が常用出来るのであれば、面白いことにはなるでしょうけどね。

後、7Dに、100マクロ2.8 IS を付けて、同じiso 3200 の世界で、5DⅡとの違いを試しました。
高感度なら、7Dのほうが上だという評判なので。
今回、雑踏が予想されるので、三脚は持参してませんし、なるべくレンズ換えをしないように、二台体制としました。

結果から言うようですが、もう少し絞りたい、とか、標準ズームならとか、色々邪念が入りました。
2.8通しなら、5DⅢに付ければ、ばっちりなのかもしれません。

それと、XPro1の世界なら、35の1.4の純正はもちろんのこと、ズミクロンの2.0でも、ズミルックスの1.4でも、プラナーの2.0とか、面白い絵が期待できそうです。

もちろん、男は仕事第一ですから、今回は私が代行しました    笑)
が、暮れの「嵐山花灯路」には、XPro1、もしくは、5DⅢを、颯爽と提げた、彼の姿が、嵯峨野の地に在ることを、期待したいものですよね~w。
[PR]
by t-y1980 | 2012-03-20 17:01 | 店の庭
<< 春はセンバツから! 来ちゃってますね(>_&... >>