岡山県日生(ひなせ)漁港へ。

小豆島と言えば、これです。
後ろの樹木は、これも有名な「オリーブの木」です。
b0160331_16272974.jpg





まだ、島の半分くらい廻ってなかったのですが、またのお楽しみということで、帰りは、一つ西側の、大部港から、岡山県の日生(ひなせ)漁港に向かうフェリーが、丁度出港時刻だったので、滑り込みで乗船しました。
b0160331_16275669.jpg

日生漁港は、牡蠣の養殖が盛んですし、美味しい魚も豊富です。
b0160331_16282230.jpg

隣の牛窓は、「日本のエーゲ海」と言われ、町自体が、まるで別世界。
b0160331_1629967.jpg

あのような西洋か?と思われる別荘も多々あります。
でも、漁船は、瀬戸内その物ですよね~。波一つない、瀬戸内海クルージングでした、チャンチャン!!

漁船と言えば、中国の漁船、やりたい放題ですね。
もし、あれが海上保安庁の巡視艇だったとして、保安官が刺されて死亡したと仮定して、果して政府の対応は?
世論は?

どっちにしても、中国は「遺憾の意」しか言わない。

またもし、日本の漁船が、ロシアの警備員を刺すなんて事が起きたりしたら、日本政府が「遺憾の意」で知らん顔出来るか?

どう考えても、「外交は力!」としか言いようがありません。

非抵抗主義で、独立を勝ち得たインドですら、核持ってるなんて、マホトマガンジーが泣いてますよね。

しかし、それが現代なのです。

核を持てとは言いません。が、せめて自国の防衛には、自前の力でやって欲しい。
FXだって、高い高いF-35なんて買わないで、日本独自で作ろうではありませんか。
[PR]
by t-y1980 | 2011-12-15 16:31 | 中国四国
<< 黒と赤! 去る者は追わず! >>